固定IPアドレスでVPN。モバイル端末も一緒にネットワーク

フレッツ光でサーバー構築 | 固定IPアドレスでVPN。モバイル端末も一緒にネットワーク

固定IPアドレスでVPN。モバイル端末も一緒にネットワーク
Home » 固定IPアドレスでVPN » フレッツ光でサーバー構築

フレッツ光でサーバー構築

固定IPアドレスでVPN | 05月25日更新

フレッツ光はインターネット回線として優れているだけでなく、いろいろなサービスが充実しているところもおすすめされるポイントになっています。
特にビジネスシーンではインターネットはなくてはならないものですし、そこで利用できるサービスも重要なものが多いです。

中でも今必須になりつつあるのが固定ipサービスで、これは社内にサーバーを構築する際に必要になるからです。
固定ipサービスは個人で使う機会は限られますが、企業では社内のコミュニケーションツール確立のために良く使われており、中でも今注目を集めているのがVPNです。

VPNとはVirtual Private Networkの略でインターネット上にもうひとつプライベートな仮想空間を作ることを意味しており、VPNサーバーを構築して利用します。
VPNサーバーの構築にも当然固定ip8や固定IP16が必要ですから、固定ipサービスは今やどこでもやっている当たり前のサービスになっています。
しかしフレッツ光の場合、固定ipサービス以外にもホスティングサービスと呼ばれるレンタルサーバーや、VPNサービスも提供しているので、サーバーの導入コストが限られている中小企業からの支持も高いです。